消耗品・交換部品 − レーザー管


LINE公式アカウントはじめました!
リンクボタンから公式アカウントを友だち追加できます。

レーザー館 > 消耗品・交換部品 − レーザー管

※記載の「交換工賃」は、レーザー加工機の保証期間外に、弊社にて交換作業を行った場合の工賃です。
詳細はこちら
※ レーザー管は割れ物につき別途追加送料が掛かります。
追加送料代についてはお会計STEP2にてご確認頂けます。
追加送料代については予期なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

CO2レーザー管の使用説明

GS、RS、RDシリーズ用 レーザー管

レーザー管
機種価格
税込
50W 用 (L=1000mm φ50)
返品不可
68,000
74,800円
60W 用 (L=1200mm φ50〜φ55)
返品不可
78,000
85,800円
80W 用 (L=1200mm φ80)
返品不可
118,000
129,800円
150W 用 (L=1680mm φ80)
返品不可
158,000
173,800円
180W 用 (L=1900mm φ90)
返品不可
218,000
239,800円

在庫なし

交換方法は、「レーザー管の交換」を参照してください。

RSD-SUNMAX-GS・RD1325Dについては、取扱説明書を参照して下さい。

取り付けの際は、レーザー管の向きに注意してください。逆向きに取り付けると、加工はできませんし、そして非常に危険です。

レーザー管の種類により外観が異なりますので、レーザー管の両端をみて方向を確認してください。

レーザー管の両端を見て、照射口がある端が機体背面から向かって右側になります。照射口がある端は凹形状になっています。凹みの奥にレンズがあります。

照射口ではない端が機体背面から向かって左側になります。照射口ではない端は、ガラスで封じきりになっているか、樹脂または金属で覆われています。凹形状ではなく、ほぼ平らな端です。

交換工賃 5,0005,500

60W以下のレーザー管の両端にある水冷中継部分はメインテナンス用途として、力を加えれば簡単に外れるようになっています。外れた場合は、接着剤で貼りつけてください。

両端写真: アノード側 / カソード側

  • これらの写真のように外れている場合は、接着剤で固定してください。
  • カソード側はレーザー光が照射されます。照射口に接着剤が付着しないよう注意してください。
  • レーザー管の種類によって、形状が写真と異なる場合があります。

    部品保証対象商品です。詳細は こちら を参照してください。

    レーザー管は割れ物につき別途保険をかけて送付致します。追加送料は、買い物カゴに入れてご確認ください。

    LTシリーズ用 レーザー管

    レーザー管
    機種価格
    税込
    LT 40W 用(L=800mm φ50)
    返品不可
    48,000
    52,800円
    LT1390用 80W(L=1200mm φ80)
    返品不可
    118,000
    129,800円
    LT1390V2/MPC15/RD用
    (L=1200mm φ80)
    返品不可
    118,000
    129,800円

    LT5030、LT6040 は40Wです。LT1390、LT1390 V2・MPC15・RD は80Wです。

    LT1390用とLT1390 V2・MPC15・RD用は互換性はありません。

    LT1390 V2・MPC15・RDの一部機体は、LT1390用のレーザー管が搭載されています(その逆の場合もあります)。

    実機を確認して、注文してください。

    確認方法は、こちらを参照を参照してください。

    交換方法は「レーザー管交換手順」を参照してください。

    LT1390用の注文を頂いた際、在庫がない場合は、換装用キットを添付して、LT1390V2・MPC15・RD用をお送りいたします。

    換装用キットを使用して、LT1390V2・MPC15・RD用レーザー管を取り付ける場合は、こちらを参照を参照してください。

    LT1390用の80Wレーザー管は、QS・GS・RSシリーズの80Wレーザー管とは異なります。

    取り付けの際は、レーザー管の向きに注意してください。逆向きに取り付けると、加工はできませんし、そして非常に危険です。

    レーザー管の種類により外観が異なりますので、レーザー管の両端をみて方向を確認してください。

    レーザー管の両端を見て、照射口がある端が機体背面から向かって右側になります。照射口がある端は凹形状になっています。凹みの奥にレンズがあります。

    照射口ではない端が機体背面から向かって左側になります。照射口ではない端は、ガラスで封じきりになっているか、樹脂または金属で覆われています。凹形状ではなく、ほぼ平らな端です。

    交換工賃 5,0005,500

    60W以下のレーザー管の両端にある水冷中継部分はメインテナンス用途として、力を加えれば簡単に外れるようになっています。外れた場合は、接着剤で貼りつけてください。

    両端写真: アノード側 / カソード側

  • これらの写真のように外れている場合は、接着剤で固定してください。
  • カソード側はレーザー光が照射されます。照射口に接着剤が付着しないよう注意してください。
  • レーザー管の種類によって、形状が写真と異なる場合があります。

    部品保証対象商品です。詳細は こちら を参照してください。

    レーザー管は割れ物につき別途保険をかけて送付致します。追加送料は、買い物カゴに入れてご確認ください。

    QSシリーズ用 レーザー管

    レーザー管
    機種価格
    税込
    QS 25W 用 (L=700mm φ50)
    返品不可
    38,000
    41,800円
    QS 60W 用 (L=1200mm φ50)
    返品不可
    78,000
    85,800円
    QS 80W 用 (L=1200mm φ80)
    返品不可
    118,000
    129,800円

    交換方法は、「レーザー管の取付」を参照してください。

    水冷ホースについては、レーザー管の出荷時に装着されていません。交換の際は、既存のホースを使用してください。

    取り付けの際は、レーザー管の向きに注意してください。逆向きに取り付けると、加工はできませんし、そして非常に危険です。

    レーザー管の種類により外観が異なりますので、レーザー管の両端をみて方向を確認してください。

    〜60Wのレーザー管は、赤く太い配線がある方の端が、機体背面から向かって左側になります。黒く細い配線がある端が、機体背面から向かって右側になります。

    80Wのレーザー管は、レーザー管のキャップがある端が、機体背面から向かって左側になります。キャップは、硬い透明のもの、柔らかいグレーや赤色のものがあります。キャップが無い方の端が、機体背面から向かっ右側になります。

    交換工賃 5,0005,500

    60W以下のレーザー管の両端にある水冷中継部分はメインテナンス用途として、力を加えれば簡単に外れるようになっています。外れた場合は、接着剤で貼りつけてください。

    両端写真: アノード側 / カソード側

  • これらの写真のように外れている場合は、接着剤で固定してください。
  • カソード側はレーザー光が照射されます。照射口に接着剤が付着しないよう注意してください。
  • レーザー管の種類によって、形状が写真と異なる場合があります。

    部品保証対象商品です。詳細は こちら を参照してください。

    レーザー管にはリード線がすでに配線されています。

    交換の際は、コネクタ、水冷用ホース接続等の容易な作業で換装可能です。

    水冷ホースは既存のものを使用してください。

    レーザー管は割れ物につき別途保険をかけて送付致します。追加送料は、買い物カゴに入れてご確認ください。

    配線のない GS、RS、RDシリーズ用 レーザー管やLTシリーズ用 レーザー管を使用する場合は、レーザー管に配線する必要があります。
    配線方法はレーザー管の配線マニュアルを参照してください。


    アノード端子・ネジセット(40W、50W、60W用)

    アノード端子・ネジセット
    機種価格
    税込
    40W〜60Wレーザー機用 1,800
    1,980円

    40W〜60W機用のレーザー管アノード端子と固定用イモネジのセットです。端子は、アノード線にはんだ付けする必要があります。

    交換工賃 5,0005,500

    アノード線

    アノード線
    アノード線 〜60W用
    アノード線 80W〜用
    機種価格
    税込
    LT5030・6040専用 6,800
    7,480円
    〜60Wレーザー機用 7,800
    8,580円
    80W〜150Wレーザー機用 7,800
    8,580円

    アノード線は、レーザー管への取り付け方法により2種類あります。

    LT5030・6040用および60W以下の機種は、レーザー管の端子にイモネジで固定します。

    アノード線 〜60W用

    80W以上の機体は、レーザー管の取り付けネジで固定します。「80W〜150Wレーザー機用」をご注文ください。

    アノード線 80W〜用

    注意

    LT1390およびLT1390V2の場合、生産ロットにより「〜60Wレーザー機用」を使用するレーザー管が搭載されている場合があります。ご注文の前に実機に搭載されているレーザー管のカソード端子の形状を確認してください。

    S1325D/1332Dおよび RD1325D/1332Dは使用できません。

    交換工賃 5,0005,500

    レーザー管用 シリコンカバー

    シリコンカバー
    機種価格
    税込
    40W〜60Wレーザー機用 2,000
    2,200円
    80W〜150Wレーザー機用 2,000
    2,200円

    レーザー管のアノード端子を覆い、機体へのスパークを防止します。

    60W以下のレーザー管は、必須です。

    アノード端子がネジ止めのレーザー管(80Wまたは150W)はアノード端子用のキャップがついているため、必須ではありません。

    交換工賃 2,5002,750